Home債務整理過払い金返還請求

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは

貸金業者に対して、利息制限法に違反する利息を長年支払い続けた場合、利息制限法に基づく引き直し計算を行うと、すでに借りたお金をすべて返済しきっていて、逆に過払い金が発生していることがあります。このような場合には、任意整理の一環として、貸金業者に対して過払い金の返還を請求することになります。

これを過払い金返還請求といいます。

なお、平成22年4月19日以降は、過払い金返還請求をすることにより、信用情報機関のブラックリストに載ることはありません。

借金を完済した場合

利息制限法で定める上限金利を超えるグレーゾーン金利の利息を支払い続けて、取引を完了した場合、多かれ少なかれ、必ず過払い金が発生しています。

したがって、現在は借り入れはないが、過去に貸金業者との間で取引していたことのある方は、過払い請求を一度検討してみるといいでしょう。

手続の流れ

基本的な手続の流れは、任意整理と同じです。

まず、貸金業者に対して取引履歴の開示を請求して、取引の経過を明らかにします。

取引履歴の開示がなされたら、それをもとに利息制限法への引き直し計算をして、過払い金の額を算出します。

そして、過払い金の額が確定したら、貸金業者に対して過払い金の返還請求をするのです。

過払い金返還請求訴訟

過払い金返還請求に対し、過払い金全額の返還に応じてくれる貸金業者もありますが、中にはこれに応じない業者もあります。

その場合には、過払い金返還請求訴訟を裁判所に提起することになります。過払い金返還請求訴訟とは、過払い金の返還に応じない業者に対して、これを返還せよとの判決を求める訴えのことです。

過払い金返還請求権の消滅時効

過払い金返還請求権は、原則として、最後の取引の日してから10年間で時効消滅します。そのため、最後の取引の日から10年以内に過払い金返還請求をしましょう。

過払い金返還請求の費用

世田谷区の赤堤司法書士事務所における過払い金返還請求手続きの費用、報酬については、債務整理の費用のページをご覧ください。

ページトップへ

主な業務地域

東京都(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区など)、小田急線(代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、成城学園前、喜多見、狛江、登戸、向ヶ丘遊園、新百合ヶ丘、町田など)、京王線(代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、八幡山、芦花公園、千歳烏山、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、京王八王子など)、京王井の頭線(池ノ上、新代田、東松原、明大前、永福町、久我山、吉祥寺など)、東急世田谷線(三軒茶屋、西太子堂、若林、松陰神社前、世田谷、上町、宮の坂、山下、松原など)、東急田園都市線(池尻大橋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川など)、東急大井町線(自由が丘、九品仏、尾山台、等々力、上野毛など)、東急目黒線(奥沢など)

赤堤司法書士事務所(あかつつみしほうしょしじむしょ)
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤1丁目22番11号
Tel.03-5355-4774 Fax.03-5355-4884
最寄り駅:経堂、豪徳寺、松原
Copyright (C) 2012 Akatutumi Judicial Scrivener Office All Rights Reserved.