FAQ

よくいただくご質問と、それに対するお答え

債務整理を依頼する時点で、いくら用意すればいいでしょうか?
世田谷区の赤堤司法書士事務所では、債務整理事件の着手金をいただいておりません。したがって、ご依頼いただく時点では、1円もご用意いただかなくて結構です。
司法書士費用はいつどのように支払えばいいのですか?
債務整理の手続費用については、過払い金があれば、過払い金から引き当てさせていただき、残りの過払い金を清算金としてお渡しいたします。
過払い金で費用の全額をまかなうことができない場合や、そもそも過払い金がない場合は、原則として司法書士費用の分割支払いをしていただきます。もちろん、無利息です。
債権者の取り立てを止める方法はありませんか?
認定司法書士が債権者に受任通知を送ることによって、取り立てを止めることができます。
債務整理をすることを勤務先に知られませんか?
原則として知られません。
債務整理を始めたことを勤務先に知られることはまずありません。ただし、個人民事再生や自己破産をする場合に、勤務先からの借入れがあるときは、勤務先を債権者として取り扱わなくてはならないため、勤務先に知られてしまうことになります。
保証人に迷惑がかかりませんか?
迷惑がかかる場合があります。
保証人が付いている債務について債権者に受任通知を送った場合、債権者から保証人への請求が予想されます。個人民事再生や自己破産をするときは、すべての債権者を手続に関与させなければならないので、保証人への請求は避けられません。
任意整理や特定調停の場合は、どの債権者について手続をするのか、任意に選ぶことができるので、保証人の付いている債務を手続から除外することができます。
手続きにどのくらいの期間がかかりますか?
どの手続きを選択するのかによって異なります。
まず最初に、貸金業者に取引履歴を開示させ、利息制限法の引き直し計算をするのに1〜2か月前後かかります。
任意整理の場合は、その後、和解交渉に入りますが、すんなり和解が成立することもあれば、数か月におよぶこともあり、一概には言えません。
和解が成立した後は、和解の内容に従って債務を支払っていきます。
特定調停の場合は、おおむね月1回の割合で期日が開かれ、一般的に3〜4回の期日で調停が成立しますので、最低でも2か月程度はみておいた方がいいでしょう。調停が成立した後は、調停の内容に従って債務を支払っていきます(原則3年以内)。
個人民事再生の場合は、申立てから再生計画の認可決定までに6か月前後かかります。再生計画の認可決定の後は、再生計画の内容に従って債務を支払っていきます(原則3年)。
自己破産の場合で、同時廃止事件のときは、申立てから免責決定確定までに4か月前後かかります。
なお、いずれの手続によっても、債権者や裁判所の対応によって若干のずれが生じますので、ご了承ください。
債務整理をするとブラックリストに載りますか?
はい、原則として載ります。
そもそも、ブラックリストとは何でしょう。
金融系の業界団体が設置している「信用情報機関」というものがあります。信用情報機関は、これに加盟している銀行、消費者金融、信販会社等から、貸付けや取引の内容等の個人の信用情報を収集して、これを参考資料として加盟各社に提供しています。信用情報機関で管理されている情報のうち、延滞や破産、債務整理等の情報を「事故情報」といいます。信用情報機関に加盟している会社が事故情報にあたる情報を入手したら、これを信用情報機関が収集し、事故情報として登録します。そして、この「信用情報機関に事故情報が登録される」ことを指して、「ブラックリストに載る」といいます。ブラックリストという名前のリストが存在するわけではありません。
認定司法書士や弁護士がクレサラ事件を受任すると、まず最初に各債権者に対して債務整理開始の通知を出しますが、この時点で債務整理開始の事実が信用情報機関に事故情報として登録されます。つまり、債務整理を開始すると、その後に任意整理・特定調停・個人民事再生・自己破産のどの手続をとったとしても、ブラックリストに載るのです。
なお、平成22年4月19日以降は、過払い金返還請求のみをする場合には、ブラックリストに載ることはありません。
ブラックリストに載るとどのような不利益がありますか?
新しいローンが組みにくくなります。また、クレジットカードが作れなくなります。
上記以外の不利益は特にありませんので、ブラックリストに対して必要以上にネガティブなイメージを抱く必要はありません。また、信用情報機関への事故情報の登録期間が過ぎれば、上記のような不利益もなくなります。
ブラックリストに載ったら一生リストから消えないのですか?
そのようなことはありません。
信用情報機関への事故情報の登録期間は5年〜7年程度といわれています。この期間を過ぎれば、登録されていた事故情報は削除されます。

掲載していないご質問がある場合

お問い合わせフォームからお気軽に当司法書士事務所へお問い合わせください。
いただいた一般的なご質問は、こちらのページで掲載させていただくこともございます。

ページトップへ

主な業務地域

東京都(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区など)、小田急線(代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、成城学園前、喜多見、狛江、登戸、向ヶ丘遊園、新百合ヶ丘、町田など)、京王線(代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、八幡山、芦花公園、千歳烏山、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、京王八王子など)、京王井の頭線(池ノ上、新代田、東松原、明大前、永福町、久我山、吉祥寺など)、東急世田谷線(三軒茶屋、西太子堂、若林、松陰神社前、世田谷、上町、宮の坂、山下、松原など)、東急田園都市線(池尻大橋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川など)、東急大井町線(自由が丘、九品仏、尾山台、等々力、上野毛など)、東急目黒線(奥沢など)

赤堤司法書士事務所(あかつつみしほうしょしじむしょ)
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤1丁目22番11号
Tel.03-5355-4774 Fax.03-5355-4884
最寄り駅:経堂、豪徳寺、松原
Copyright (C) 2012 Akatutumi Judicial Scrivener Office All Rights Reserved.