Home企業法務

司法書士が御社の法務部になります
顧問料 月3万円(税抜)〜

企業法務

赤堤司法書士事務所では、企業法務に力を入れております。

電話番号(担当司法書士 高橋朋宏) 03-5355-4774
(受付時間は平日の午前9時〜午後5時です。おかけ間違いのないようお願いいたします )

お申込みはこちらから

企業法務とは

企業法務とは、企業における法律事務のことを言います。
大企業の多くは法務部を置いて企業法務に当たっていますが、中小企業の中には独立した法務部門を持たない会社も少なくありません。

法務部を持たないことのリスク

現代の経済社会において、法務部門を持たずに企業を経営していくことは非常に危険です。
そういった会社は、様々な法的リスクへの対策がなされておりません。
平時はそれで問題ありませんが、ひとたび法的トラブルに巻き込まれると、多額の損失を被り、倒産や廃業を余儀なくされることも珍しくありません。

しかし、中小企業が独立した法務部門を設けて、企業法務に精通した人員を育成するには、時間もお金もかかります。
そこで検討していただきたいのが、企業法務のアウトソーシングです。
企業法務を司法書士に外部委託すれば、時間もお金も大幅に節約できます。

司法書士にお任せください

当事務所では、司法書士が企業様の顧問となり、企業法務に当たります。

企業経営者は経営のプロではありますが、法律のプロではありません。
事業を進めていく上で法的な問題にぶつかった時、その問題への対策を一から勉強していては、他の業務が疎かになります。
そのような時のために、餅は餅屋の発想で、企業法務は法律のプロである司法書士にお任せください。
そして、ご自身は経営に専念し、さらなる事業拡大を図ってください。

なお、経営にあたり、他の士業専門家の協力が必要になった場合には、当事務所のネットワークを駆使して、最適な専門家へお繋ぎいたします。

顧問契約の内容

  • 法務に関する相談及び情報の提供
  • 司法書士業務全般に関する相談
  • 判例及び法令の調査・解説
  • 基本的な契約書ひな型の提供
  • 契約書のチェック及びリスクの解説
  • 事業における法的リスクの分析及び解説
  • 取引先の商業登記簿・不動産登記簿の分析による信用調査
  • 専門誌、雑誌、新聞、Webサイト等を基にした一般的知見の提供
  • セカンドオピニオン

上記いずれも、面談、電話、FAX、電子メールなど適宜の方法で対応いたします。

顧問料

月額 30,000円(税抜)〜

顧問サービスを行っていく中で、具体的な登記手続、裁判手続や書類作成等の業務が発生した場合は、別途費用がかかります。 その場合、事案に応じて報酬を減額いたします。

ページトップへ

主な業務地域

東京都(足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区など)、小田急線(代々木上原、東北沢、下北沢、世田谷代田、梅ヶ丘、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、成城学園前、喜多見、狛江、登戸、向ヶ丘遊園、新百合ヶ丘、町田など)、京王線(代田橋、明大前、下高井戸、桜上水、上北沢、八幡山、芦花公園、千歳烏山、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、京王八王子など)、京王井の頭線(池ノ上、新代田、東松原、明大前、永福町、久我山、吉祥寺など)、東急世田谷線(三軒茶屋、西太子堂、若林、松陰神社前、世田谷、上町、宮の坂、山下、松原など)、東急田園都市線(池尻大橋、駒沢大学、桜新町、用賀、二子玉川など)、東急大井町線(自由が丘、九品仏、尾山台、等々力、上野毛など)、東急目黒線(奥沢など)

赤堤司法書士事務所(あかつつみしほうしょしじむしょ)
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤1丁目22番11号
Tel.03-5355-4774 Fax.03-5355-4884
最寄り駅:経堂、豪徳寺、松原
Copyright (C) 2012 Akatutumi Judicial Scrivener Office All Rights Reserved.